子供用ランドセル

【こどもの健康コラム】子供の個性にあわせたかばんやランドセルの使い方

男の子子供が学校や幼稚園に通うときのカバンに当たるものは、最近はリュックタイプのものが多いように感じます。

大人であってもそうですが、いつもいつもリュックタイプのものを使うというわけにいかないのは子供であっても一緒同じです。

手提げのバッグを持たせたり、たすき掛けにかけるバックを使うほうが便利が良い場合などもあることだと思います。

そこで、特に最近の親御さんが気になることとしては

「片側ばかりに重りがかかる偏ったカバンを使わせることで子供の身体が歪んでしまう原因にならないかな?」

というところでしょう!

それもあって、子供さんにリュックタイプを使用させることが多くなっているようにも思います。

聞いた話ではある幼稚園では、身体のゆがみを生じさせにくくするためにといってたすき掛けをするタイプの通学用のかばんを右からかける日、その次には左からかけて、その次には右でかけるみたいな指導がされているところもあるようです。

これは一見して身体のゆがみが生じにくくなるように思われますが本当にこれで身体は歪まないようにできているのでしょうか?

また、

・手提げバックを持つときにはどちらで持つ方が良いのか?

・ランドセルに小物袋を着けるときなどはどちらにつけた方が良いのか?

片側で持つ状況が起こったときにどちらを選んであげるのがいいのでしょうか?

そのようなカバンの持ち方・かけ方と身体の歪みの関連について今回は紹介していきたいと思います。

ランドセル黒身体が歪んでいない子供はいない

子供の身体の歪みやカバンのことを考えていくときに、前提がずれてしまっていると話がズレズレのまま進んで行ってしまいます。

そのような状況にならないために、今回の話の大前提をひとつだけ確認しておきましょう!

その大前提とは

『誰でも身体の歪みは起こっていて、その左右のバランス差がある上でどのようにその差をひどくしないでいけるか(補正していけるか)を考えないといけない』

ということです。

これは、頭でわかっているようで実は深層心理の思い込みで誤解をしている方が非常に多いです。

その思い込みがあると

『歪まないように左右均等を心がけることで歪まない身体が作れる』

という考えになってしまいます。

しかし、これはすでにおかしい話で、ご自身はもちろんのことご自分の子供もみんな現状の身体をみると大なり小なり歪んで左右不均等だということを認めていないことになります。

この場合は、

『左右均等を心がけると今以上に身体の歪みがひどくはなりにくくすることができるかも?』

くらいの認識に立っていただくといいでしょう!

健康診断
荷重が偏らない側に荷物を持つようにする

ひとまずはリュックタイプを使用しているときは良いとして、片側に荷物の重みがかかる場合のカバンを使用する場合に

「少しでも身体のバランスを崩さないようにするには、交互に持たせる方がいい?」

って思われるかもしれませんが、ここは要注意です。

もともと、左右に偏りがあるはずなので左右交互にかけることが正解にならないことはなんとなくお分かりいただけますか?

身体の偏りと反対側に多めにかけさせる方が、カバンのかかっているバランスは偏っていますが全体の偏りで考えると補正するように作用させることができます。

そうすると

「え?じゃあどっちを多めにかけるようにさせるといいの?」

ってなりますね。

それはある2つのことをチェックしていただければ簡単に確認することができます。

子供がかけたがる方向にかけさせる

体重のかかり方の左右差を知るために足圧を計測したりするなんてことはなかなかどこでもできるわけではありませんし、それであっても変わりゆく子供の状況に対応しつづけるのは非常に難しいです。

そこで、確実にバランスの子供固有のバランスの状況を把握しているセンサーをチェックする方が早いですし確実です。

その確実なセンサーとは子供が感じている感覚に他なりません。

子供は理屈でどうこう言うことよりも、身体におかれている状況に応じた身体の感覚に従って行動しているものです。

そのセンサーが出す答えを聞いてそれに合わせておくのが間違いありません。

「子供に実際左右を試させてどちらがいいかを身体の感覚というセンサーの反応を確認して決めればいいということ?」

と思われた方は正解です。

子供は様々な状況でバランスを図っています。何も好き好んでバランスを崩すような動きを選択することはありません。

それをしやすいのはどちらかというと大人の方が多いのです。

すると、チェックの仕方を紹介します。

①子供に片方にかけるカバンを渡してかけるように言います。そのとき自然にかける方をみます。

②次に子供に反対側にかけるように言い、どちらがかけやすいか聞く

③次は、カバンに3〜5kgほどの荷物を入れて①②をチェックします。

これでみてみると、おおよそかけやすい方向が決まっていることがわかります。

それは、重りを入れたときほど顕著に表れます。

それを確認しましたら、そのかけやすい方向でかけるように言っておけばいいです。

リュックにしても左右均等に重みはかかっていない

なんかこれを言われた方の中には

「それじゃ今まで通り普通にしとけってことですか?」

というご意見が出そうですが、実はそうなんです。そこは自然にかけたいようにかけさせておけば勝手にバランスを図ってくれるんです。

「細かいことはおいといて、とりあえずリュックを使うようにしていたらいいんじゃない?」

と思われるかもしれません。

しかし、実はそのリュックでも子供は勝手に重りをかけやすい方に偏るように

・肩の引っかけ方が左右違うように変わっていたり

・リュックでも片側で背負っているときがあったり

して自分でコントロールをしています。

その感覚が本能的にやっているものであればそれに従っていることが、あれこれ考えて均等を目指すより、実は1番身体のバランスをとってくれているのです。

ランドセルランドセルに荷物をつける場合は?

では、よくあるのに、ランドセルの横に小物を入れる袋をぶら下げたり、ランドセル内に入れる荷物が左右偏るようなとき(昔であればソプラノリコーダーをカバンに挿す)ときにどちら側にすればよいのか?という疑問にも先ほどのチェック法を使っていただければすぐに答えが出ます。

小物袋を左右につけながらどちらにつけているのがいいか子供に聞くといいです。

この時は、ちょっとわかりやすくするために重りをかける方がいいでしょう!

習慣的にさせることには注意が必要

このようなカバンなどで本人が感覚的に自分の都合で選べるものに関してはあまりストイックにならなくてもいいんです。

それよりも注意しなければいけないのは、

『本人の意思に関係なく強制的に片側で使用せざるを得ないことをさせる場合』

の方です。

例えば

・左右の動きに偏りがあるスポーツや習い事をさせるとき

・家でテレビを見るときに座る場所の正面にテレビがない

・寝ているときに寝返りが打ちにくく、片側に向いて寝ないといけないような環境

などに子供をおくことの方に注意を向けてあげることが大切です。

kids_janken_kaban

おわりに

子供の身体の左右バランスが偏っていることで、

・心身ともに健全な発育を阻害する

・運動能力の低下を招く

など、たくさんの問題を招いてしまうことになります。

そのため、子供がそのようになりにくい環境を作ってあげることは非常に良いことです。

しかし、その環境を決めるときに理屈だけでで左右均等を目指してばっかりいれば誰でもみんなうまくいくなんて機械のようには子供はいきません。

それぞれがすでに生まれてから現在までの生活や癖などみんなバラバラです。

その個性に無理させないためにも、子供の感覚は常にバランスを補正しようと勝手にしてくれます。

その感覚をうまく味方につけながら、子供の感覚に常に確認をとりながら進めることが大切です。

その中で明らかに強制的に環境で縛り付けることで問題がおこりそうなものは取り除いていってやるようにされることが子供の健全な発育に貢献できるのではないかと考えます。


渡辺さん写真

渡辺 友和

大阪府出身

スポーツクラブ・鍼灸整骨院・整形外科勤務を経た知識・経験を活かして病気や健康・医療情報をわかりやすく解説するサイトを立ち上げ啓蒙活動を行っている。

現在運営

『ネストラ』http://ne-stra.jp/

『リセラプラス』http://retherapress.com/

を運営。