子供用ランドセル

“会話のネタとしての外国語” 第2回 高橋正臣(VONDSランドセル連載コラム)

clean01

第2回 多言語コミュニケーションのコツは整理整頓!

「うわっ!!時間ない!家の鍵どこに置いたっけなぁ??」

「メモしなきゃ!!あれ??筆箱はどこだっけ?」

整理整頓・・・この言葉は、小さい頃からよく耳にしている言葉ではないでしょうか。

整理整頓ができれば、必要なときに必要なものがすぐに出てきます。例えば、筆記用具が必要なときに、筆箱がいつも決まっている場所にあればすぐ出てきます。探すのに時間がかかってしまい、イライラしてしまう・・・ということもなくなりますね。

clean02画像元【http://www.publicdomainpictures.net/view-image.php?image=25649&picture=】

 

この整理整頓は、何も物理的なものだけでなく、様々な情報も同じです。

今回は、言語の整理整頓の方法を紹介いたします。「相手の国の言葉」を雑談のネタとして学んでいく上では、言語の整理整頓がポイントになります。キーワードは、【5つの箱】です。様々な教材ではいわゆる文法といわれているものです。文法は複雑多岐にわたりますが、「雑談のネタにする」という点に絞ると、文法はたった1つだけです。

5つの箱:「S・K・V・O・+α」

Sの箱:主語が入ります。会話の場合、基本的に「私」「あなた」です。

grammerS

Kの箱:気持ちが入ります。ここがポイント!!超重要!!

「好き」「したい」「できる」「~するつもり」「~しなきゃ」「~でもいいよ」「やだ」「だめ」など気持ちが入ってきます。言語は相手との意思疎通。気持ちを伝えることが大切です。

grammerK

Vの箱:動詞がはいります。

grammerV

Oの箱:目的語が入ります。

ここは、動詞に応じて様々な名詞が入ります。

grammerO

+αの箱:場所、時間、人、道具が入ります。

grammer+a

この箱の順序を入れ替えると、いろんな外国語が話せるようになります。

英語・スペイン語・フランス語

grammer01

中国語

grammer02

日本語・韓国語

grammer03

アラビア語 アラビア語は右から左に読んでいきます。

grammer04あとは、ランドセルに道具を入れるように、この箱に色んな単語を詰め込むだけです。

しかし、どんな単語を詰め込めばいいのか、分からないですよね?

Q&A01画像元【https://www.pakutaso.com/20160212046post-6962.html】

 

そんな時、目の前にいる相手に聞いてしまうのです!!

「好き」を、相手の国の言葉でなんていうか?

「行く」を、相手の国の言葉でなんていうのか?

それをこの文法に当てはめて、口に出すだけで、相手の人はとてもビックリします。

さらに、疑問文も一緒に聞いてしまえば、これだけで相手と簡単な会話ができるのです。

Q&A02画像元 【http://www.publicdomainpictures.net/view-image.php?image=147296&picture=】

 

外国語は、相手と心を通わせるコミュニケーションの1つの方法です。

海外の人が日本語で挨拶をしてくれるだけでなぜか嬉しくなったりしませんか?

海外からの人も、自分の国の言葉を覚えてくれるだけでワクワクする気持ちになります。

単語の入れる場所を事前に決めてしまえば、後は口に出すだけです。

どうでしょうか?雑談のネタにするなら、文法は今回の1つだけで終了です。

次回、相手とコミュニケーションを円滑に取っていくのに重要なポイントを整理します。


 

13009985_1157669320944764_798577792_o

高橋正臣(タカハシマサオミ)

専門学校専任講師

外国語会話イベント“CafeCha”主催および外国語道案内イベント“Piece of Cake”主催

“CafeCha”は「誰でも2時間で会話のコツが掴める」をコンセプトに、2010年より平均週に2回以上開催。延べ参加数は8000人以上。過去の開催場所は、都内主要駅ほか、名古屋、大阪、台北、ソウル、上海、広州、香港。

“Piece of Cake”は「大丈夫!?からはじめる道案内」をコンセプトに、2014年11月より活動開始。駅の改札付近で道に迷ってる人がいたら、それに気づいた人が自然と声をかけていける環境を作っていくために活動中。