子供用ランドセル

6年間使っても型崩れしないランドセルを選ぶポイント(耐久性についての話)

6年間使っても型崩れしないランドセルを選ぶポイント(耐久性についての話)

ランドセル選びでチェックしたいポイントは「背負いやすさ」「デザイン」「耐久性」の3点です。お子さんがデザインを気に入るかどうか、それから背負いやすいかどうか、そして最後の耐久性も見落とせないチェックポイントです。

すでに小学校をご卒業されたお子さんがいらっしゃれば「使っているうちにランドセルがぺちゃんこにつぶれてしまった」「肩ベルトの部分が擦り切れてボロボロになってしまった」といった体験をお持ちの方も多いと思います。

事実として、ランドセルは傷みやすい製品です。6年間にわたって重い荷物を運び続けるランドセルには、相応の丈夫さが求められます。

この記事では、6年間使っても型崩れしないランドセルとはどのような製品なのか、ランドセルを耐久性の観点から選ぶときのポイントをご紹介いたします。

目に見えない部分が耐久性のかなめ! 大マチの芯材をチェックしよう

型崩れしにくいランドセルを探すときに、まず重要となってくるのがランドセルの箱部分を構成する「大マチ」の強度です。

ランドセルを長期間使用していると次第に側面部分が歪んできて、ぺちゃんこにつぶれてしまうといったケースがよくありました。

そのような事態を防ぐために、VONDSランドセルをはじめ、各メーカー製品ではランドセルの側面部分に型崩れ防止のための芯材(プレート)を入れています。

芯材は外からは見えませんが、実際にランドセルを手に取っていただければ確認が可能です。ちょうどランドセル側面の上の部分を指で押してみると、中に弾力性のある固い素材が入っており、指が押し戻されるのが分かるでしょう。

また、かぶせの上からちょっと強めに押しつぶそうとしてみましても、(まるで眼鏡の形状記憶のように)すぐに元の形に戻っていきます。

VONDSランドセルを製作している()羅羅屋では、これを「形態安定加工」と呼んでいます。

芯材は型崩れ防止のかなめとなる部分であり、ランドセルブランドの多くが力を入れている箇所です。芯材を多層構造にしたり、三方一体型構造にしたりと、メーカーによって工夫の仕方は異なるのですが、ランドセルが高価であるひとつの背景には、こうした目に見えない部分のこだわりが隠れています。

逆説的にあまりに安価な製品ですと、芯材やその他の強度面を疎かにしている可能性もあります。見た目やデザインも大切なのはもちろんながら、せっかく6年間使うランドセルですから、耐久性もしっかりとチェックした上で選びたいものです。

耐傷性と撥水性は素材で決まる(本革と人工皮革)

一般的には人工皮革よりも本革(牛革)の方が耐久性に優れた素材だとされています。

しかし人工皮革と一概に言っても種類が非常にたくさんあり、耐久性、雨や傷への強さも製品によって異なります。

傷に強い人工皮革ですと、「クラリーノ・タフロック」と「コードレ・タフガード」の2つが有名です。耐傷性の優れた素材にさらに撥水加工(パールトーン加工)をして、耐水性を高めているものもあります。

「本革は傷に強くて質感も良いが、水に弱くて重い。逆に人工皮革は水に強くて軽量だが、耐久性に劣り質感が安っぽい」といったことが従来は言われました。

しかし本革(牛革・コードバン)であっても防水加工を施して水に強くした製品がありますし、反対に本革並みの耐久性と質感を実現した人工皮革製品もあります。

昔と比べると、本革も人工皮革も、性能は大きく向上を遂げました。

VONDSランドセルの素材に使われている「ベルバイオ5」は五層構造の人工皮革で、高い耐傷性・耐水性・軽量性を誇ります。そして本革に勝るとも劣らぬ上質な光沢感を持つのが大きな特徴です。

また実際に手で触れてみると、ベルバイオ5はさらさらとした滑らかな感触であり、革のような深みのある味わいをご確認いただけるかと思います。

やはり素材については実際に目で見て、そして触って確かめるのが一番です。カタログご請求時に付属する生地見本、あるいは展示会などでぜひ素材の違いをチェックされてみてください。

負荷がかかり傷みやすい肩ベルト

大マチ部分の型崩れと並んで多いのが、肩ベルトの傷みです。使っているうちに「ベルトの端の部分が擦り切れてしまった」「ヒビ割れが増えてしまった」「肩ベルトと本体とを繋ぐ部分が割れてしまった」という事例を耳にします。

肩ベルトはランドセルの重量負荷が大きく、常に引っ張られる力が働くため、どうしても痛みやすい箇所ではあります。

ですから肩ベルトの継ぎ目部分がしっかりと縫製されているかどうか、肩ベルトの生地に厚みと強度があるかどうか、本体との接続部分が割れやすいプラスチック素材でできていないかどうか、あたりは見るべきポイントとなります。

VONDSランドセルは、肩ベルトが左右別々に動いてさまざまな肩幅に対応できる「非連動型背カン」を採用しています。

これはランドセルを背中へしっかりとフィットさせる目的がありますが、一方で子どもの肩幅や動きに応じて肩ベルトが調整されるため、(肩ベルトの無理な方向に力がかからず)結果として肩ベルトの耐久性を高めることに役立っています。

肩ベルト部分が開くため、ランドセルの着脱がしやすいといったメリットもあります。

万が一のときに安心の6年間保証

どのように頑丈なランドセルでも100%壊れないとは言い切れず、やはり壊れるときには壊れてしまいます。

そのような万が一の事態に対する備えとしてあるのが、メーカーの6年間保証です。この保証があって初めて「6年間安心して使えるランドセルだ」と言うことができます。

保証とはいっても、単に送って修理するだけでは不十分です。修理期間中も通学にはランドセルが必要となるわけですから、代わりのランドセルが必要です。

VONDSではランドセルの修理代金や送料、そして代わりのランドセルの貸与代金も含め、回数制限なしの6年間完全無料保証のサポートをしています。

さあ6年間使えるランドセルを選ぶぞというときに、保証の有無や保証内容の充実度は最重要の肝となります。

ランドセルは一生モノの大切な贈り物ですので、保証内容も忘れずにしっかりとチェックしてお選びになることをおすすめします。

以上、この記事では6年間使っても型崩れしないランドセルを選ぶポイントについてご紹介をいたしました。

ランドセル選びのお役に立てましたら幸いです。

【最終更新日】2017/07/16