子供用ランドセル

ランドセルは軽い方が良い? 重量よりも大切な「背負い心地」について

ランドセルは軽い方が良い? 重量よりも大切な「背負い心地」について

ランドセルは「重いカバン」としてのイメージが定着しています。そのイメージは必ずしも間違っているとは言えません。

各社から出ているランドセルのカタログを見てみますと、そのほとんどが1200g前後の重量を持っています。

大人用のリュックサック(ナイロン・ポリエステル製のもの)が600g程度であることを考えると、子どもの背負うランドセルはなんとその2倍の重さです。

「これは子どもにとって大変なことだ。100gでも軽いランドセルを選ばなきゃ」と思う気持ちはよく分かります。しかしカタログ上の重量数値でランドセルを比較する前に、ぜひともチェックしていただきたいポイントがあります。

それはランドセルの「背負い心地」です。

どうして重量よりも、背負い心地をチェックすることが大切なのか? その理由をこの記事では詳しく解説していきます。

カタログ記載の重量表示だけでランドセルの良し悪しは分からな

ランドセルは製品によって、重量に大きな開きがあります。1,000gを切る軽量なものから、1,500gを超えるずっしりとしたものまで、さまざまです。

重量差が生じる理由のひとつに、素材の違いがあります。牛革やコードバン(馬革)等の天然素材を使ったランドセルは、一般的な人工皮革のランドセルよりも300g程度重くなります。

ではカタログ記載の重量が最も軽い製品を選べば後悔しないかと言いますと、必ずしもそうとは言い切れません。というのは、あまりに軽すぎるランドセルですと、中の芯材を疎かにしている可能性が高く、耐久性に難があるからです。

2kgの教科書や荷物を入れて運ぶランドセル。6年間毎日使うとなると、相応の耐久性が求められます。そのためには、型崩れを防ぐ芯材を入れたり、安定感を高めるクッション材を使ったりすることで、頑丈で背負いやすいランドセルを開発していかなければなりません。

そうするとどうしても、リュックサックよりかは幾分重くなってしまいます。

ランドセルの平均的な重量は1,100g1,400gとされます。(ちなみにVONDSランドセルは本体重量が約1,200gです)

およそこの範囲に収まるランドセルでしたら、背負ったときに実際に感じる重さは、重量よりも「背負い心地」で決まります。

背負ったときに背筋がスッと伸び、荷物が軽く感じるのが良いランドセルの条件です。

ランドセルの背負い心地をチェックするための3つのポイントを下記にご紹介いたします。

背負い心地を決めるポイントその1「重心」

ランドセルを実際に背負ったときの「重さ」を決める要素として、最も重要なのが重心です。重心の位置によって、体感重量はまったく変わってきます。

登山をされている方はご存知かもしれません。パッキング(荷作り)のときは、軽い荷物を下側に、重い荷物を上側にできるだけ背中にくっつける形で配置するのが鉄則です。これは、重心を高くして荷物をより軽く感じさせるための工夫です。

ランドセルも同じで、重心が高く、背中側にある方が軽く感じます。

背負ったときに、ランドセルが腰よりも高くなるように、そして背中の上部とランドセルとの間がピタッと密着するように肩ベルトを調整することで、背負い心地は格段に良くなります。

VONDSランドセルは、肩ベルトが肩の曲線に沿ってフィットするよう設計されています。肩ベルトの角度と形状を工夫することで、ランドセルの背当て部分と背中とがきちんと密着します。背筋をまっすぐにして立っても重心が安定するため、荷物がとても軽く感じるのですね。

もしも背中の上部に隙間が空くような形状のランドセルですと、肩や腰に負担がかかり、荷物も重く感じてしまいます。前傾姿勢でないとバランスが保てないため、猫背の原因にもなってしまいます。

ランドセルを試着してご検討される際は、ランドセルと背中との間に隙間が生じないかどうかを是非チェックされてみてください。姿勢をまっすぐにした状態で重心が安定する(バランスを崩さない)ランドセルを選ぶのがポイントです。

背負い心地を決めるポイントその2「接触面積」

VONDSランドセルでは、肩ベルトの幅をかなり広めに取っています。これは強度面でのメリットがあるのはもちろんながら、それ以上に背負い心地をより良くする利点が大きいです。

ランドセルは肩ベルトが身体のカーブに沿って湾曲する形状で、肩ベルト上部の布面積も広く取られています。つまり身体とランドセルの接触面積を大きくすることで、重い荷物を背負ったときでも体感重量が軽く感じられます。

もしも肩ベルトがとても細いものであれば、ランドセルの重さが肩の一箇所に集中してしまい、すぐに肩が痛くなってしまいます。しかし肩ベルトが広く、そして体に沿ってしっかりとフィットしていれば、重さは肩だけでなく体全体へと分散されます。

専門用語ではこれを「体圧分散」と言うのですが、ランドセルの独特な肩ベルトの形状は、体圧分散によって荷物をより軽く感じさせるのに最適な構造となっています。

さらに加えて、VONDSランドセルでは左右別々に動く背カンを採用しています。飛び跳ねたり走ったり、体を上下左右に動かしても、それに合わせて肩ベルトが動き、心地よいフィット感と安定感を保ってくれます。

背負い心地を決めるポイントその3「クッション性」

ランドセルの背当てには多くの場合クッション材が使われており、ゆるやかなカーブを描く形状となっています。

背当てのクッション性も、背負い心地を大きく変える要素のひとつです。

背当てのクッションには次の3つの役割があります。

1.背中にフィットさせる(接触面積を大きくする)ことで、体感重量を軽くする

2.通気性を良くして、背中が汗で蒸れるのを防ぐ

3.ランドセルを垂直に保ち、重心を安定させる

良いランドセルを見分けるポイントとしては、最初にも書きましたとおり、背負ったときに背中とランドセルが隙間無く密着していること。そして(背負った姿を)真横から見たとき、ランドセルが垂直状態に保たれていることが重要です。

VONDSランドセルでは背当てのクッション部分を立体構造とすることで、背中へのフィット感を高めると共に、背中の全体へと荷物の重さが分散するようにしています。

長期間使用しても、肩や腰が痛くならないランドセル。そして背負いやすく荷物が軽く感じるランドセルは、身体と接触する部分の形状・素材にこだわりを持っています。

すなわちランドセルを選ぶ際は「肩ベルトの形状・大きさ」「背当てのクッション」の2つが、背負い心地(体感重量)を決める最重要チェックポイントとなります。

ぜひ機会があれば展示会や販売店に足を運んで、ランドセルの実際の背負い心地をご確認されてみてください。

 

【最終更新日】2017/07/16