子供用ランドセル

ランドセルを買う前に知っておきたい「6年間の修理保証」について

ランドセルを買う前に知っておきたい「6年間の修理保証」について

 

ランドセル選びでは価格やデザインも重要なポイントとなりますが、最も大切にしたいのが「6年間安心して使い続けられるか」という観点です。

 

布・ナイロン製のリュックサックと比べると、専用の革素材で作られているランドセルは丈夫です。しかし重い教科書を入れて毎日運ばなくてはいけませんから、製品によっては負荷に耐えられずに型崩れしてしまったり、肩ベルトの部分が千切れてしまったりします。

 

そのようなトラブルに備えるためにも、ランドセルの保証制度があると安心です。

 

この記事では、ランドセルの購入を検討する際に是非ともチェックしておきたい「ランドセルの保証制度」についてご紹介いたします。

 

 ランドセルは「6年間保証」が基本です

 

家電製品の場合は保証期間が1年~2年くらいがふつうですが、ランドセルの場合は「6年間保証」のつくケースが一般的です。

 

つまりお子さまの小学校入学から卒業まで、修理サポートが受けられます。

 

ララちゃん(羅羅屋)、フィットちゃん、萬勇鞄、土屋鞄など、国内有名ブランドのランドセルには6年間の修理保証が必ずついています。もちろんVONDSランドセルも6年間完全保証です。

 

 

注意しなければならないのが、Amazon等のネットショップで購入する場合です。ノーブランド品として非常に廉価で販売されているものの、保証がついていなかったりすぐに壊れてしまったりとトラブルになるケースがあります。

 

また、ネットショップで格安販売されているランドセルですと(保証がついていても)製造工場が中国等の国外にあり、修理対応がスムーズに進まないあるいは修理に長期間待たされてしまうといったこともあります。

 

したがって国内生産されていて、かつ6年間完全保証のあるメーカーのランドセルを購入するのが、最も安心度が高いと言えるでしょう。

 

 

VONDSランドセルの保証内容

 

VONDS(ボンズ) 〜 親と子が成長するランドセル

VONDSランドセルには6年間の完全保証がついています。

 

もしもランドセルが損傷した場合や、ご使用中に違和感を覚えられた際には、フリーダイヤルのお電話にてお気軽にご相談いただけます。

 

肩ベルト・背カン・カブセの損傷だけでなく、フロントロックの不具合やナスカン(側面のフック)の破損についても、すべて保証対象に含まれています。

 

修理が必要となったときはVONDSから代替品のランドセルをお送りし、その際に故障ランドセルをお預かりいたします。あとはランドセルの修理完了をお待ちいただくだけです。配送料や貸出料についても無償で、無料保証の範囲内なので安心です。

 

VONDSランドセルは国内専用工場で作られているため、スムーズな修理対応が可能です。

 

ランドセルご購入時に「6年間完全保証書」を合わせてお届けしております。こちら大切に保管ください。万が一、保証書を紛失してしまったという場合でも大丈夫です。保証書がなくても修理をお受けできますので、もし何かお困りのことがあった際にはお気兼ねなくお知らせください。

 

 

ランドセルの壊れやすい箇所と対策方法

 

ここではランドセル故障の対策方法として「丈夫なランドセルの見つけ方」と「ランドセルを長持ちさせるポイント」をご紹介します。まずはランドセルの壊れやすい部位について知っておくことが大切です。

 

ランドセルの使用上のトラブルには下記のようなものがあります。

 

 

1.カブセ(ランドセルのフタ部分)の傷や汚れ

2.肩ベルトが千切れる

3.背カン(肩ベルトと本体の結合箇所)の破損

4.留め具(オートロック)の故障

5.ナスカン(側面フック)の破損

 

1番目のカブセの傷や汚れについては、ランドセルに使われている生地素材によってもその度合いが変わってきます。

例えば素材のひとつである牛革やコードバンは、傷には強い反面、水には弱いため、雨や湿気には気をつける必要があります。防水・撥水加工をしているランドセルであっても、雨に濡れてしまった場合は、帰ってからすぐに乾いた布で水分を拭き取って、風通しの良い日陰で自然乾燥させるのが長持ちさせるコツです。

 

早く乾かそうとしてドライヤーやアイロンを当てるのは、ランドセルを傷めてしまうため厳禁です。また、直射日光に長時間当てるのも劣化の原因となりますので、長期保管される際は日の当たらない場所に置きましょう。

 

ちなみにVONDSランドセルに使われている人工皮革「ベルバイオ5」は防水性のため水拭きOKで、汚れをさっと落とせます。ベルバイオ5は傷に強く、温度変化にも強いのが特徴です。

 

2番目の肩ベルトの千切れについては、素材の強度に大きく左右されるのは当然ながら「負荷を分散させる構造になっているかどうか」も重要なポイントです。

 

 

肩ベルトが身体にうまくフィットしていない状態ですと、ベルトそのものに余計な負荷がかかってしまうだけでなく、背負ったときにすぐ疲れてしまいます。

 

背負ったときに楽に動き回ることができ、荷物が軽く感じられるのが良いランドセルの特徴です。また、お子さまの成長に合わせて肩ベルトの長さを適切に調整することで、肩ベルトに無理な力がかかってしまうのを防ぐことができます。

 

3番目の背カンは、ノーブランドの安価なランドセル製品ですと脆いプラスチック素材でできていて破損するといったケースがあります。

 

 

国内ブランドメーカーの製品であれば、高強度のエンジニアリングプラスチックやチタンで背カンを作っているため、破損するのは稀です。ただ、素材が変形してうまくスライドしなくなる不具合も生じ得ますので、使用中におかしいなと感じたらメーカーに問い合わせてみましょう。

 

4番目の留め具(ランドセルのフタを本体に留めるためのロック)については、無理やりに荷物をぎゅうぎゅうに詰め込んでロックを閉じようとしたときに、負荷に耐えられずに壊れてしまうことがあります。

 

 

なので最初に収納力の高いランドセルを選ぶことと、荷物を限界以上に詰め込んで無理にロックを閉じないことが大切です。

 

なお、VONDSランドセルは、ランドセルの底面ではなく前面でロックの開け閉めができる「フロントロック」を採用しています。構造的に留め具には無理な力がかからないため、壊れにくいです。

 

5番目のナスカン(側面フック)の破損を防ぐためには、あまりに重すぎる荷物を吊さないようにすることが大切です。最近のランドセルでは事故防止のため、ナスカンに一定以上の負荷がかかったときに、わざと外れるような設計にしている製品も多いです。

 

 

以上、ここではランドセルの故障しやすい部位についてご紹介しました。壊れやすいとは言っても、国内メーカーから出ているちゃんとしたランドセルであれば、6年間で一度も修理に出すことなく使い続けられる製品がほとんどだと思います。

 

そして万が一壊れてしまった場合でも「6年間保証」でのサポートがしっかりしていれば何より安心です。

 

ランドセルをご購入される際にはぜひ、6年間の修理保証が充実している製品をお選びください。

【公開日】2017/07/16