子供用ランドセル

ランドセルのお手入れはどうする? 6年間長持ちさせるためのポイント

ランドセルのお手入れはどうする? 6年間長持ちさせるためのポイント

 

「ランドセルは6年間も使うとボロボロになってしまうのでは」と不安を持たれる方は少なくありません。事実、(ランドセルが傷んだので)小学5・6年生頃からリュックサックに乗り替えたという例はよく聞きます。

 

6年間きれいなままランドセルを使うためには、まず何よりもランドセル選びの段階で「丈夫な製品」を見つけることが大切で、次に心がけたいのが適切なお手入れです。

 

この記事では、ランドセルを6年間長持ちさせるためのお手入れ方法についてご紹介をいたします。

 

ランドセルの基本のお手入れ方法

 

ランドセルのお手入れ方法は簡単で、基本は「濡れたら拭く」で大丈夫です。

 

 

登下校中の急な雨でカブセ(ふた)が濡れてしまったり、あるいは汗で背面のクッション部分が湿ってしまったりしたときは、乾いた布巾でさっと拭くのが良いでしょう。

 

防水生地のランドセルであれば、水拭きで汚れを落とすことも可能です。

 

直射日光やドライヤー等で乾かすのは、避けましょう。熱でランドセルの生地を傷めてしまいます。水滴を取り除くときは、柔らかい布で拭き取るようにします。

 

 

カブセ裏の「時間割ポケット」はビニールタイプのものですと、雨で濡れたときにポケットの内側に水が残って蒸れてしまうことが考えられます。

 

大雨でランドセルがびしょ濡れになってしまったというときは、内側に入り込んだ水も十分に取り除き、日陰の風通しの良い場所でよく乾燥させましょう。

 

時間割ポケットはビニールタイプよりも、メッシュタイプのものの方がお手入れしやすいです。メッシュであれば湿気をすぐに逃がしてくれます。

 

 

素材によって異なるお手入れのしやすさ

 

ランドセルは、その素材によって耐水性や耐久性、お手入れのしやすさも変わってきます。

 

 

一般的に、牛革やコードバン(馬革)等の天然皮革は水に弱く、お手入れが難しいとされます。そしてクラリーノ等の人工皮革は水に強く、お手入れも簡単です。

 

しかしながら近年の牛革・コードバン製のランドセルの多くは防水処理を施しており、(防水加工がされていれば)人工皮革と同じように水拭きをすることができます。

 

唯一例外的であるのが「ヌメ革」という天然皮革で、この素材はお手入れが大変難しいです。(ヌメ革は高級ランドセルに用いられ、革本来の持つ風合いを重視します)

 

ヌメ革ランドセルは水濡れに弱く水ぶくれもするため、定期的に防水スプレーや皮革用オイル・クリームでケアをする必要があります。

 

お手入れのしやすさを重視するのであれば、防水加工済みの牛革・コードバン(馬革)ランドセルを選ぶのがおすすめです。

 

一方で雨に強く使い勝手が良い「人工皮革」のランドセルですが、こちらも種類によって耐久性や耐水性に差があります。

 

例えば同じクラリーノ製の皮革であっても「クラリーノ レインガード」のような、より撥水加工に力を入れた素材もあります。

 

 

VONDSランドセルで使用している「ベルバイオ5」も防水性の高い人工皮革で、外側はもちろん内張り生地も水拭きすることが可能です。

 

天然皮革の製品を選ぶにしても、人工皮革の製品を選ぶにしても「防水加工に力を入れているかどうか」がお手入れしやすいランドセルを見つけるポイントとなります。

 

 

ランドセルを長期間保管する場合

 

 

夏休みや長期休暇等でランドセルを長期間保管するときは、ランドセルの中身を空っぽにして、直射日光の当たらない場所で保管すると良いでしょう。

 

荷物でぎゅうぎゅう詰めにしたまま長期間吊り下げていますと、負荷がかかり続けた状態となります。これは型崩れの原因となり得ます。

 

しかしながらランドセル自体、耐久性が非常に高い鞄ですので、日常使用にあたっては過度に気にすることはありません。

 

耐久性を考えて作られた製品であれば、型崩れ防止用の芯材が入っていますし、6年間の通常使用において十分に耐えうる強度となっています

 

 

成長に合わせて肩ベルトを調節する

 

 

お子さまの成長に合わせて肩ベルトの長さを調節することも、背負い心地を改善するのはもちろんながらランドセルを長持ちさせるのに役立ちます。

 

肩ベルトは適切な長さに調節されていれば、背筋がすっと伸び、荷物の重さが軽く感じられます。

 

背負ったときに、背中とランドセルとの間に隙間がなく、ぴたっとフィットするようにベルトを調節してみましょう。

 

 

防犯ブザーのチェックも忘れずに

 

 

最後に、定期的なお手入れとして是非とも付け加えたいのが「防犯ブザー」の動作チェックです。今日では、子どもの防犯対策として、ランドセルの肩ベルト部分に防犯ブザーを取り付けるのが一般的となっています。

 

防犯ブザーは心強い護身アイテムなのですが「電池が切れていて、いざという場面で使えなかった」というケースが少なくないです。

 

ブザーを鳴らしていなくても、内蔵電池は自然消耗していきます。ランドセルのお手入れのついでに、防犯ブザーの動作確認もしておくと良いかも知れません。

 

電池はできれば年に1回は、新品のものに交換することを推奨します。

 

以上、この記事ではランドセルのお手入れ方法についてご紹介しました。生地が防水加工されている製品であれば、汚れてもさっと水拭きするだけですので、お手入れはとても簡単です。

 

長く使い続けられるランドセルをお探しの際は、ぜひ製品の耐久性と防水性を重点的にチェックしてみましょう。

 

【公開日】2017/07/14

【最終更新日】2017/07/14