子供用ランドセル

乳児・幼児・学童期別に見るチャイルドシートの特徴と選び方

6歳未満のお子さんであれば、車に乗せて運転するときにチャイルドシートを着用させる義務が生じます。これは単なる努力義務ではなく、道路交通法で定められているれっきとした法律上の義務となります。

『自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。』(抜粋:道路交通法 第七一条の三 第三項)

難しい呼称ですが、この「幼児用補助装置」なるものが一般に言うところのチャイルドシートです。

チャイルドシートは子どもの年齢に応じた製品を使う必要があり、乳児用ベビーシート・幼児用チャイルドシート・学童用ジュニアシートと製品区分が分かれています。(兼用タイプもあります)

ここでは悩んでしまいがちな、子どもの年齢別のチャイルドシート選びについて解説をおこないます。


チャイルドシートの必要性について

6歳未満の子どもにチャイルドシートが必要である理由は、大きく分けて2つあります。

ひとつは、自動車の座席に備え付けられているシートベルトが、大人用に設計されているためです。小さな子どもがシートベルトを着用すると、ベルトが首を絞める位置に当たってしまい、大変危険です。

大人用のシートベルトではかえって危ないため、子ども専用のチャイルドシートが必要となるわけです。

もうひとつは、大人と違って子どもの体は、強い衝撃に対しての耐性が低いためです。大人なら軽い打撲程度で済むような傷も、子供なら致命傷になってしまうケースが多々あります。

警察庁の発表する資料によりますと、幼児がチャイルドシートを着用しなかった場合の交通事故致死率は、着用者の約11倍にまで上がるそうです。

参考:子供を守るチャイルドシート|警察庁Webサイト
(https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/childseat.html)

上記の警察庁サイトを見てみましても、子どもの命を守るためにチャイルドシートがいかに大切かを痛感するところです。

ベビーシートの選び方・乳児編

まずは、自力歩行することができない乳児に着用するチャイルドシートの選び方です。

一般に「乳児用ベビーシート」といった名称で販売され、対象年齢は1歳未満(体重が10kg未満が目安)とされます。

乳児用に作られたチャイルドシートは、外見が「ゆりかご」のようになっており、まだ体が弱い乳児の体をしっかりと守ってくれます。

乳児は仰向けに近い姿勢で車に乗ることになるため、車窓から日光が射し込んできたときに眩しい思いをします。ベビーシートを選ぶのであれば、日光を遮るための日よけがついている製品がベターです。

また「クッションやカバーが取り外しやすいか」「シートが洗濯できるようになっているか」もチェックしたい項目です。

乳児用ベビーシートは(対象年齢が1歳未満である性質上)1年以上は使うことのない製品で、ともすれば買うのが勿体ないと感じてしまうかもしれません。

ですが反面、乳児に特化して作られた製品であるため予想以上に高機能です。車のなかだけでなく、家ではバウンサー(ゆりかご)として使うことができ、お出かけのときはベビーキャリーとして使うことのできる1台3役の製品もあります。

短い期間しか使わないものだからこそ、高機能タイプの製品を買った方が活用の幅は広がり、満足度は高いです。

補足・確認したい「安全基準マーク」

ベビーシート、チャイルドシートのいずれにしても、購入前に必ず確認しておきたいのが安全基準マーク(Eマーク)の有無です。安全性能評価で合格した製品にのみ、Eマークが付与されます。

ネット通販等で買う場合は「ECE R44/04に合格」といった表記がされていることが多いと思いますが、これはチャイルドシートの欧州統一基準であり、Eマークによって満たす安全基準と同一です。

国土交通省では未認証のチャイルドシート製品は危険であるとして、注意喚起のビデオを制作し公表しています。チャイルドシートは必ず安全基準マークのある製品を購入するようにしましょう。

参考:【国土交通省】未認証チャイルドシートにご注意!|チャイルドシートコーナー
(http://www.mlit.go.jp/jidosha/child/)

見出し:チャイルドシートの選び方・幼児編

お子さんの体が成長して、ひとりで歩けるように、背もたれに背が付けられるようになったら、ベビーシートの役割は終わりです。

幼児用チャイルドシートの対象年齢は1歳~4歳頃(体重18kg以下が目安)です。製品によっては12歳頃まで使える学童兼用タイプのものもあります。

チャイルドシートのおすすめランキングはネットにもたくさん記事があり、選択肢が多すぎて悩んでしまう人は多いです。ここでは製品選びの助けとなる3つのポイントをご紹介します。

1.クッション性

事故時にどれだけ衝撃吸収できるかで、身体へのダメージが変わってきます。基本的にECE-R44/04基準を満たした製品であればどれを選んでも安全性は高いのですが、カタログで比較したときに、クッション部分に力を入れている製品はより安心できるかと思います。

事故時に守るべきは、何よりも頭部です。最近では、頭を保護するヘッドサポート部にエッグショックが用いられている製品が人気を集めています。

エッグショックとはコンビ株式会社の開発した「超・衝撃吸収素材」のことで、3メートルの高さから卵を落としても割れないレベルの高い衝撃吸収力を持つ素材として知られます。

2.メンテナンス性(洗濯機丸洗い対応)

幼児・学童兼用タイプのチャイルドシートの場合はとくに、使用期間が長くなるためメンテナンス性が重要になってきます。

シートが洗濯機丸洗い対応のものであれば、手軽に清潔にでき、とても便利です。

3.調節自由度

アームレストやヘッドサポートの位置、リクライニングの角度、それから肩ベルトの長さなど、柔軟に調節できる製品が望ましいです。肩ベルトをしっかりと身体にフィットするよう調節しないと安全性も半減してしまいます。

どのくらいの身長まで対応しているか、背もたれの高さは何段階に調節できるか等を事前に調べ、できるだけ調節の幅が広い製品を選ぶようにすると安心です。

ジュニアシートの選び方・学童編

お子さんが成長して小学生になりましたら、いよいよジュニアシートの出番です。

法律上は6歳以上の小学生にはチャイルドシート使用義務はないのですが、やはり小学校低学年のうちはジュニアシートを使用するのが事故対策の観点からは望ましいです。

というのも、一般的なシートベルトは140cm程度の身長から使うことを想定しており、身長135cmに満たない子どもが使うにはやや危ないからです。

したがって、小学校3年生くらいまではチャイルドシートやジュニアシートを使うことをおすすめします。

ジュニアシートでは、座高不足を補うことでシートベルトを正しい位置に当てるようにし、骨盤の幅を補うことによりシートベルトからのすり抜けを防止します。

チャイルドシートと比べると補助的な側面が強く、自転車でたとえるところの「補助輪」のように、シートベルト機能のサポートに重点が置かれています。

小学生用のジュニアシートであれば、背もたれのないタイプの製品が安価で扱いやすくもあるのでおすすめできます。ただし使用時は取扱説明書を参考に、シートベルトが必ず正しい位置に固定されるように調節してください。

シートベルトが首にかかることを防止する、シートベルトガイド(肩ベルト調節クリップ)が付属している製品が使いやすいでしょう。

以上、この記事では年齢別・タイプ別のチャイルドシートの特徴・選び方についてご紹介いたしました。正しい方法でチャイルドシートを着用し、ぜひ安全なドライブを心がけましょう。

【公開日】2018/08/08

【最終更新日】2018/08/08